会社概要・所在地・沿革

会社概要

設立 昭和49(1974)年8月21日
代表取締役社長 栗田 道郎
本社 東京都品川区東品川2丁目2番24号 天王洲セントラルタワー
郵便番号 140-8617 代表電話 03-5460-2100
事業内容 農薬、肥料、園芸用化学品その他農業用化学製品、防疫用化学品、木材防腐・防虫用化学品、非農耕地用化学製品の研究・開発、輸入、輸出、製造および販売、種苗、食用油の研究・開発、輸入、輸出および販売
主要取扱製品 農業用・非農耕地用 殺菌剤、殺虫剤、除草剤、土壌くん蒸剤、防疫・防蟻剤等


所在地

(”地図”を選択すると、googleマップで表示されます)

ダウ・アグロサイエンス日本株式会社 140-8617 東京都品川区東品川2-2-24 天王洲セントラルタワー12階 地図

札幌支店 060-0807 札幌市北区北7条西1丁目2-6 NCO札幌16階 地図

仙台支店 980-0021 仙台市青葉区中央二2丁目9-27 プライムスクエア広瀬通8階 地図

東京支店 140-8617 東京都品川区東品川2-2-24 天王洲セントラルタワー12階 地図

中日本支店 532-0003 大阪市淀川区宮原四丁目1-14 住友生命新大阪北ビル3階 地図

福岡支店 810-0001 福岡市中央区天神四丁目1-32 損保ジャパン日本興亜福岡天神ビル6階 地図

小郡開発センター 838-0113 福岡県小郡市山隈821 地図



農薬事業に関わる沿革

1974年 ダウ・ケミカル日本(株)設立、農薬の輸入販売許可を受ける
1984年 御殿場研究所に農薬研究棟竣工
1988年 福岡県小郡市に生物試験圃場を開設
1989年 (海外)ダウ・ケミカルとイーライ・リリーが農薬事業を統合し、ダウ・エランコを設立
1990年 ダウ・エランコ日本(株)設立
1993年 ダウ・ケミカル日本(株)がダウ・エランコ日本(株)を吸収合併し、ダウ・エランコ事業部門として編入
1996年 小郡開発センターを設立、御殿場研究所の農薬研究部門を集約
1997年 (海外)ダウ・ケミカルがダウ・エランコの全株を取得し、社名をダウ・アグロサイエンスに変更
1998年 ダウ・エランコ事業部門の名称をダウ・アグロサイエンス事業部門に変更
2001年 (海外)ダウ・アグロサイエンスがローム・アンド・ハースの農薬事業を買収
             ダウ・ケミカル日本(株)、菱商農材(株)に資本参加
             菱商農材(株)にローム・アンド・ハースの販売会社であるアグリード(株)、アルファス(株)を吸収し、社名をディーエーエス菱商(株)に変更
2004年 ディーエーエス菱商(株)の社名をアグロパートナーズ(株)に変更
2006年 ダウ・ケミカル日本(株)がアグロパートナーズ(株)を吸収合併、ダウ・アグロサイエンス事業部門に編入
2017年 ダウ・ケミカル日本(株)の会社分割(素材科学事業)に伴い、社名をダウ・アグロサイエンス日本(株)に変更