デビュー乳剤

デビュー乳剤 製品写真

殺菌剤デビュー乳剤は、てんさいの褐斑病、葉腐病に優れた効果を発揮します。有効成分のフェンブコナゾールは、菌類の細胞膜を構成するエルゴステロール生合成を阻害し、殺菌効果を発揮します。また植物体に浸達後部位にとどまるため、優れた耐雨性と残効性を発揮します。

代表的な作物
てんさい、たまねぎ、だいず、小麦に。詳細はページ下の「適用表」をクリックしてご覧ください。

営業担当より
てんさい、たまねぎ、だいず、小麦を効率よく病害から守るための殺菌剤です。

製品概要

農林水産省登録 / 第22400号
種類名 / フェンブコナゾール乳剤
有効成分の種類及び含有量 / フェンブコナゾール[PRTR1種] 12.5%
その他の成分の種類及び含有量 / 有機溶剤、界面活性剤(内ナフタレン[PRTR1種]5%、メチルナフタレン「PRTR1種]17%) 等 87.5%
物理的化学的性状 / 黄色澄明可乳化油状液体
毒劇法 / 該当なし
消防法 / 第4類第3石油類
有効年限 / 4年
包装 / 2ℓ×6本 ダンボール箱、5ℓ×4本 ダンボール箱

特長

  • フェンブコナゾールは、菌類の細胞膜を構成するエルゴステロール生合成を阻害し、殺菌効果を発揮します。(DMI剤)
  • フェンブコナゾールは、植物体に浸達後部位にとどまるため、優れた耐雨性と残効性を発揮します。
  • 予防効果に加え治療効果が高く、感染初期の散布でも菌糸の伸長を阻害し、病斑の進展を防ぎます。

適用表

作物名 適用病害虫・雑草木名 希釈水量・使用量 使用時期 使用方法 使用回数
てんさい 褐斑病、葉腐病 800~1000倍
100~200ℓ/10a
収穫14日前まで 散布 4回以内
てんさい 褐斑病 200倍
25ℓ/10a
収穫14日前まで 散布 4回以内
たまねぎ 灰色かび病、小菌核病 800倍
100~300ℓ/10a
収穫前日まで 散布 3回以内
だいず 紫斑病 800~1000倍
100~300ℓ/10a
収穫7日前まで 散布 4回以内
小麦 雪腐小粒菌核病 500~1000倍
60~150ℓ/10a
根雪前 散布 2回以内

上手な使い方

  • 所定の濃度に薄め、よくかき混ぜて散布してください。
  • てんさいの重要病害である褐斑病には、葉が繁茂する7月中旬が散布適期です。葉腐病の同時防除もできます。
  • 抵抗性回避のため、作用機作が違う剤(マンゼブ剤など)との体系散布で使用してください。

使用上の注意

  • 使用量に合わせ薬液を調整し、使い切ってください。散布器具及び容器の洗浄水は、河川などに流さないでください。また、空容器は環境に影響を与えないよう適切に処理してください。
  • てんさいに対して希釈倍数200倍で使用する場合は、少量散布に適合したノズルを装着した乗用型の速度連動式地上液剤散布装置を使用してください。
  • 蚕に対して影響があるので、周辺の桑葉にはかからないようにしてください。
  • 本剤の使用に当っては、使用量、使用時期、使用方法などを誤らないように注意し、特に初めて使用する場合には病害虫防除所など関係機関の指導を受けてください。

安全使用上の注意

  • 誤飲などの無いよう注意してください。誤って飲み込んだ場合は吐かせないで、直ちに医師の手当を受けさせてください。本剤使用中に身体に異常を感じた場合には、直ちに医師の手当を受けてください。
  • 眼に対して刺激性があるので、眼に入らないよう注意してください。眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください。
  • 皮膚に対して刺激性があるので、皮膚に付着しないよう注意してください。付着した場合には直ちに石けんでよく洗い落としてください。
  • 散布液調製時及び散布の際は、保護眼鏡、農薬用マスク、不浸透性手袋、ゴム長靴、長ズボン・長袖の作業衣などを着用してください。作業後は手足、顔などを石けんでよく洗い、うがいをするとともに洗眼してください。

引火性 … 危険物第四類第三石油類に属するので、火気に十分注意してください。

保管 … 火気や直射日光を避け、食品と区別してなるべく低温な場所に密栓して保管してください。