ヤノネカイガラムシ
 

殺虫剤の重要性

害虫は、天然資源を消耗したり植物に病害を伝染させて食糧生産を脅かしますが、防除するために農薬は重要な役割を果たしています。食用の作物は、全世界で30,000種の雑草、3,000種の線虫、そして10,000種の昆虫と競合しています。農薬の助けを借りても、食糧生産のおよそ20~40%が、毎年害虫によって失われています。

植物防疫に携わる企業は、高いレベルの法的規制のもとで、食糧生産を妨げる脅威を解決する化合物を開発しています。新しい農薬は、ヒト、野生生物や植物へのリスクを評価するため、政府機関によって厳しい審査が行われています。新しい農薬の開発には一般的に8年から11年の年月と約300億円の投資が必要です。審査を経た農薬は、地域環境を考慮した厳しいリスクアセスメントのもと、害虫を効率的に防除することで農家経営を支援しています。



イソクラストを含む農薬