ブロードスマッシュSC

ブロードスマッシュSC
ブロードスマッシュSCは、幅広い広葉雑草対策におすすめです。低薬量でも、低温期残布でも、優れた効果を発揮します。日本芝・西洋芝のどちらにも使用することができます。

製品概要

農林水産省登録 / 第20315号
種類名 / フロラスラム水和剤
有効成分の種類及び含有量 / フロラスラム 4.5%
その他の成分の種類及び含有量 / 水、界面活性剤 等 95.5%
物理的化学的性状 / 類白色水和性粘稠懸濁液体
毒劇法 / 該当なし
消防法 / 該当なし
有効期限 / 5年
包装 / 250mℓ×12本 ダンボール箱

特長

  • フロラスラムはALS酵素活性阻害に属する除草剤で、茎葉処理により雑草の成長点でアミノ酸合成を阻害し効果を発揮します。
  • 発生初期(3~5葉まで)の茎葉処理で、多種類の広葉雑草を低薬量で故殺します。
  • 日本芝及び西洋芝に対して極めて高い安全性が確認されています。
  • 低温期に発生する雑草に高い効果を示します。

適用表

作物名 適用病害虫・雑草木名 希釈水量・使用量 使用時期 使用方法 使用回数
日本芝 一年生広葉雑草 薬量 20~40mℓ/10a
希釈水量 150~200ℓ/10a
芝生育期
(雑草生育初期)
雑草茎葉散布 2回以内
日本芝 多年生広葉雑草 薬量 40~80mℓ/10a
希釈水量 150~200ℓ/10a
秋期~冬期
(雑草生育初期)
雑草茎葉散布 2回以内
西洋芝(ブルーグラス) 一年生広葉雑草 薬量 20~40mℓ/10a
希釈水量 150~200ℓ/10a
芝生育期
(雑草生育初期)
雑草茎葉散布 2回以内
西洋芝(ブルーグラス) 多年生広葉雑草 薬量 40~80mℓ/10a
希釈水量 150~200ℓ/10a
芝生育期
(雑草生育初期)
雑草茎葉散布 2回以内

使用上のポイント

  • 散布最適期は雑草の生育初期(本葉3~5葉期)です。生育の進んだ雑草には効果が劣ります。
  • 散布薬量は、多年生広葉雑草に対する安定した効果を得るために0.04ml/㎡以上をお勧めします。 

ブロードスマッシュSCの散布適期

ブロードスマッシュSCの殺草スペクトラム

使用上の注意

  • 本剤は懸濁性液体なので、使用に際しては容器を振ってください。
  • 本剤は茎葉処理剤なので使用の際は展着剤を加用し、加圧式散布機を用いて雑草の茎葉部に均一に付着するように散布してください。
  • 本剤の散布適期は雑草の生育初期(本葉3~5葉期)のため生育の進んだ雑草には効果が劣るので、時期を失しないように散布してください。
  • 本剤はイネ科雑草およびヒメクグ、ハマスゲには効果がないので、これら雑草の優占圃場ではそれらに有効な処理剤との体系で使用してください。
  • 本剤は遅効性で、雑草が完全に枯れるまでに春夏期で2~3週間、秋冬期で4~6週間程度かかるので、誤ってまき直しなどしないよう注意してください。
  • 降雨が予想される場合は使用しないでください。
  • 草花、樹木の新葉等には薬害を生じる恐れがあるので、かからないように注意して散布してください。
  • 本剤は少量でも強い除草効果を示すので薬剤散布後は散布器具やホース内に薬液が残らないように十分洗浄してください。
  • 本剤の使用に当っては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、とくに初めて使用する場合には病害虫防除所等関係機関の指導を受けてください。

安全使用上の注意

水産動植物 ・・・ 使用残りの薬液が生じないように調製を行い、使い切ってください。散布器具、容器の洗浄水及び残りの薬液は河川等に流さないでください。空容器等は水産動植物に影響を与えないよう適切に処理してください。

保管 ・・・ 直射日光を避け、食品と区別してなるべく低温な場所に密栓して保管してください。