グレモSC

グレモSC
グレモSCは、チョウ目害虫から芝を守ります。接種数時間後で食害防止効果が現れ、効き目も長いのが特長です。虫に直接薬剤がかからなくても処理された茎葉が摂食されれば防除できます。チョウ目害虫以外の昆虫類、ほ乳類、鳥類、魚類への安全性に優れています。

製品概要

農林水産省登録 / 第22864号
種類名 / メトキシフェノジド水和剤
有効成分の種類及び含有量 / メトキシフェノジド 20.0%
その他の成分の種類及び含有量 / 水、界面活性剤 等 80.0%
物理的化学的性状 / 淡褐色水和性粘稠懸濁液体
毒劇法 / 該当なし
消防法 / 該当なし
有効年限 / 5年
包装 / 500ml×6本 ダンボール箱

特長

  • チョウ目害虫の幼虫を、食毒による脱皮促進作用によって防除する昆虫成長制御剤(IGR剤)です。
  • 低濃度で、若齢~中・老齢幼虫まで優れた効果を示します。
  • 残効性及び耐雨性に優れています。
  • 薬臭が少なく、また人畜や環境への安全性に優れた薬剤です。

適用表

作物名 適用害虫名 希釈水量・使用量 使用時期 使用方法 使用回数
スジキリヨトウ、シバツトガ 希釈倍数:3000~4000倍
使用液量:0.2~0.3ℓ/㎡
発生初期 散布 6回以内
タマナヤガ 希釈倍数:4000倍
使用液量:0.2ℓ/㎡
発生初期 散布 6回以内

上手な使い方

  • 発蛾最盛期~若齢幼虫の期間が防除適期です。
  • 芝刈り後に薬剤散布を行うと、より効果的です。
  • 展着剤の加用をお勧めします。
  • コウチュウ類(コガネムシ類、シバオサゾウムシ)、カイガラムシに対する効果は期待できません。

使用上の注意

  • 使用前に容器をよく振ってから本剤の所要量を所定量の水にうすめ、よくかきまぜてから散布してください。
  • 桑に付着する恐れのある地域では使用しないでください。
  • 本剤の使用に当っては、使用量、使用時期、使用方法などを誤らないように注意し、特に初めて使用する場合には、病害虫防除所など関係機関の指導を受けてください。
  • 使用量に合わせ薬液を調製し、使い切ってください。散布機具及び容器の洗浄水などは、河川等に流さないでください。また、空容器などは環境に影響を与えないよう適切に処理してください。

グレモSCの安全性

試験項目 供試動物 結果 試験項目 供試動物 結果
急性経口毒性 ラット LD50>5000mg/kg   水棲生物への急性毒性試験 コイ LC50(96時間)>1000ppm
急性経口毒性 マウス LD50>5000mg/kg     オオミジンコ EC50(48時間)>160ppm
急性経皮毒性 ラット LD50>2000mg/kg     緑藻 EC50(72時間)>900ppm
眼刺激性 ウサギ 認められず        
皮膚刺激性 ウサギ 認められず        
皮膚感作性 モルモット 陰性      

安全使用上の注意

  • 散布の際は保護眼鏡、農薬用マスク、手袋、長ズボン・長袖の作業衣などを着用してください。
  • 作業後は手足、顔などを石けんでよく洗い、うがいをしてください。
  • 公園等で使用する場合は、散布中及び散布後(少なくとも散布当日)に小児や散布に関係のないものが散布区域に立ち入らないよう縄囲いや立て札を立てるなど配慮し、人畜等に被害を及ぼさないよう注意を払ってください。

水産動植物 … この登録に関わる使用方法では該当がありません。

保管 … 直射日光をさけ、食品と区別して、なるべく低温な場所に密栓して保管してください。